<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 21日

3人の寒い冬

2011年が明けて間もなく節分か、中国正月かという今日この頃。
みなさんどうしていらっしゃるのでしょう?
元気なのかなぁ。
ずいぶんと長く空けてしまいました。
たまに覗いてみるとブログが空き地のように雑草でいっぱいになっていました。
それでも戻ってくるとここはあるんだなぁと思いつつ、花まで引っこ抜かないように草刈りをしました。

寒い寒いとよく聞きますが、もちろん僕もこの冬は実に寒いです。
きっと東南アジア暮らしから帰国して初めての冬だからだ、と思います。
ここ10年くらいは手袋がほしいな、と思ったことなかったです。
大阪では歩いて会社まで往復していますが手を振って歩くとけっこう冷たいものです。
手袋がほしいと思ったとたんに見つけたのは通勤途中のコンビニでした。
ネックウォーマーにニット帽もあるし、別のコンビニではヒートテックの従姉弟みたいな下着も売っている。
日本のコンビニはすごいなぁ、、、日本ではあたりまえなのか、、、そうか!

会社に向かう道すがら、小さくたためて伸縮性に優れた手袋を買いました。
会社から戻る途中、これでは全く役に立たんとフリースの手袋を買いました。
手袋との付き合いにブランクがあるので縮尻ったと反省。
家に帰って奥さんに不定期連絡をすると、向こうにも手袋の話がありました。

その朝、登校前の息子(桃次郎)が「お母さん、手袋は?」と聞いてきたそうです。
高校2年にもなって自分の持ち物くらい、と思ったものの寒い朝で人3倍は寒がりの息子です。
きつく注意することは思いとどまり「探しとくから、今日はそのまま行きなさい。」といって出したとか。
南の国で育ったので自分は寒がりに育ったと言ってはばからない息子です。
奥さんは手袋が見つからないので、明日からがかわいそうだと思って手袋を買いに行ったそうです。

母子と手袋というと「手袋を買いに」というキツネの親子の話が思い出されるんですが。
キツネの子は銀貨をもらって町まで自分で手袋を買いにゆきました。
うちは高校2年生になっても母親がなくした手袋の代わりを買いに行ったか。

ほしがっていた指先が出せる手袋を買って戻った奥さん。
帰宅した息子にそれを伝えるとずいぶんと喜んですぐに見たいと言ったので渡してやると、受け取った手には見なれた手袋が。
あまりに寒いので真剣に鞄の中をみたら入っていたと言うのです。(真剣にって??)

できの悪い落語のような話ですが、親ばか夫婦で力抜けました。
さぶっ!でしょ?
[PR]

by yutakah9 | 2011-01-21 19:03 | 大阪ライフ