サラリーマン桃太郎の散歩

yutakah9.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 15日

再びの上海

年明け以来、あわただしい日が続いています。
1月2日から通常勤務していますが4日の新年会を皮切りに来客、出張、歓送迎会と続いています。

先週は上海・昆山(上海の北西部)へ出張してきました。
これは寄木細工の香港の夜景ですが、さてこれが飾られているのはどこか想像できますか?

f0071767_201162.jpg


実は香港国際空港の出発ロビー トイレの壁です。
きれいなものを飾っている場所はきれいに使いましょうということなのかな、とか思いながらも感心しました。
実際にはこの両端があって、高さ1m弱、横2m強の大きな絵です。

1月8日の上海は香港に比べれば寒かったのですが、上海としては暖かかったようです。
到着したぼくらを迎えてくれたのは大変な濃霧で空は真っ白。
これは霧なのか、スモッグなのか、いささか怪しいと思いましたけどね。

初日の仕事を終えて翌日、上海は前日以上に濃い霧で真っ白。
昆山に向かう高速道路では霧による視界不良という理由で通行停止となり、すでに高速道路に入っていた僕たちは高速道路の上で待機させられることに。
ここで止められると引き返すこともできません。
この写真、高速道路に降りて撮りました。

f0071767_20114084.jpg


いつ動くか知れない車の列を見ていると昆山につけるかどうかだけでなく、そのあと香港に帰る飛行機に間にあうのかが気になりました。
幸いにして1時間弱で停止は解除され、車は走り始めてくれてホッとしましたが。

その後、順調に予定を消化して上海空港に戻ったのは出発時間の2時間前です。
驚いたことに空港に近づくと空港ビルが見えないほどの濃霧で視界は真っ白。
不安な気持ちで空港に入るとはたくさんの人がチェックインカウンター前に。
モニターで出発便の確認をすると昼からの便がキャンセル、遅延、待機になっています。
カウンターにゆくと前に並んでいる男性から霧が濃すぎて飛行機が着陸できず、上海から出発できる飛行機がないんだ、と教えられました。
僕らの便はまだなにも変更が知らされてなかったけど、飛行機は絶対に来ないから、すぐにホテルの予約をして、明日の便に変更すべきだと言われました。
同行している香港人スタッフにカウンターへ事情を聞きに行かせたら、同じ事を言われました。
上海オフィスに電話でホテル手配を頼み、チケットカウンターに並んで翌日午前11時の便に変更すると、さてそれからの予定がなくなってしまいました。

中国にもはやく新幹線が整備されれば良いのにと思わずにはいられない瞬間です。
そして思いついたのはリニアモーターカーに乗って町にもどろういうことでした。
リニアモーターカーは最高速度431Kmで30Kmの距離を5-6分で走りきります。
片道料金は50人民元(約800円)、最新のジェットコースターより安いです。
製造して上海に納入したのはドイツの鉄道会社。

f0071767_20122699.jpg


こいつが香港までつながっていたら香港-上海間1600Kmは4時間で到着なのに。。。
そうそう昨年は台湾新幹線が開業しましたね、日本製新幹線です。
近いうちに乗りにゆきたいなぁ。

えと、この日のリニアモーターカーは最高時速が301Kmに抑えられていたようです。
それでも7-8分で到着、タクシーで高速道路をアメンボのように走る30分の恐怖に比べたらものすごく快適でしたね。
さてそこからみんなが考えたのは昨夜泊まったホテル(今日のホテルも同じ)の前に地下鉄の出口があったよね、ということ。
上海の地下鉄なんて日本じゃ乗れないぞ、、、あたりまえですわ。
、、、ということでホテルまで地下鉄でゆくぞ、、、と駅に降りてゆきました。
そこでふと気付いたのはホテルの前にあった駅はなんていう駅なのか、、、です。
3人で自動券売機の前で相談。
ホテルに電話で聞こうとしても、つながりません。。。
そのとき一人が「東安站だった。」というと、「そう、それそれ。」と付和雷同の2人。
東安に向かうことにしました。
結果、もちろんそこには目指すホテルは有りませんでした。
(あぁっはっはははぁっ!、、、笑いごとです)
駅案内所の案内小姐に聞くと、「もう2つ先に行って乗り換えて1つ目の徐家站。」
全然ちがうじゃん。。。ということですが、お互いを責めることもなく3人はもう一度仲良く電車に乗りました。

ホテルに荷物を放り込んで3人出かけたのは夜の豫園。
もしかしたら南翔の小籠包を食べられるのではと期待しつつタクシーを飛ばさせました。
それなら最初から地下鉄なんか乗るなよ、ということなんですけど。
夜の豫園は電飾で縁取られ、前回、昼間来たときとはずいぶんと雰囲気が違いました。
なんか、香港の「ジャンボ水上レストラン」みたいです。

f0071767_20125514.jpg


さて南翔に駆けつけたときには午後8時10分。
2階と3階は午後8時閉店、1階のTake Outなら午後8時半までOK。
こうなるとどうしても小籠包を食べたい3人はこれを食べることに決定。
前々回、2階で食べた小籠包は15個で20人民元(約320円)とレポートしました。
紙の箱に一蒸篭分を放り込み、備え付けのポットからこの上に酢をジャブっと掛けてTake Outするとなんと16個で12人民元(約190円) 、、、安いっ!

f0071767_2013143.jpg


蒸したての小籠包の熱さは紙一枚の厚みでは防げませんが、寒い上海ではそれほど気にならず3人とも完食。
濃霧に足止めされた上海で、思いもよらず小籠包を食べられましたから、まぁいいか。
[PR]

by yutakah9 | 2008-01-15 20:14 | 中国本土
2008年 01月 07日

今年の散歩初め

あけましておめでとうございます。

日本も今日あたりから仕事初めのようですね。
香港はちょうど一ケ月後の2月7日が旧正月なので、今は年末気分が半分です。
この微妙な時期の感覚にも慣れましたね。

今年も最初の日曜日になった昨日、香港ではHong Kong Community Chest主催のチャリティ・イベント「百万行」が実施されました。
何万人もの人が香港大球場をスタートし市街地から山道に続く道をアバディーンまでおよそ8kmを散歩するというイベントです。
完歩した人はいくらかの寄付をします。
集まったお金は子供たちの奨学金や、困っている人たちへの支援をする基金となります。
散歩ですからね、僕としては行っておかないと看板に関わります。
去年に続いて息子といっしょに2回目の参加をしてきました。
来年は彼も高校受験なので、一緒に参加できるかなぁ、、、と思いつつ。

香港では香港島にも九龍半島や島々に山や丘が多く、ウォーキング、ハイキングなど山歩きが盛んです。
香港人も山の中を歩いたり、ジョギングしたりするのを愛好する人が多く、日本人のハイキング・クラブも多くあります。
ですから歩くイベントは大小、難易度が違うものがいくつかあり、多くの人が参加しています。
最大人数が参加するイベントはこの百万行で参加人数は非常に多いです。

f0071767_1542541.jpg


こんなおばあちゃんたちもグループでおそろいのウインドブレーカーを来て嬉しそうに参加されていました。
8kmあるくのにどのくらいの時間がかかるかは、この際、関係ないんです。
ほかにもボーイスカウトやガールスカウト、水兵さん、老人会、スポーツクラブの仲間などグループで参加している人たちはみんな楽しそうでした。

f0071767_1534075.jpg


最高難度のイベントとしては100kmの距離を一昼夜かけて歩くものがあります。
完歩すると日本円にして何万円かの寄付をするということになっています。
いくらだったか忘れましたが、5~6万円だったような。。。
参加する人は周囲に参加することを伝えて寄付金のカンパをお願いしてまわります。
お願いされるとだいたい100香港ドル(1500円くらい)をカンパして「返すなよ。(完歩しておいで。)」と励ますわけです。
毎年何千人かが望んで寛平ちゃん(去年は欽ちゃんでしたか?)になるわけです。
そしてゴールでは満面の笑みでみんなから応援してもらったお金を寄付するとか。
最長距離のウォーキングで完歩したら最高金額の寄付というのはおもしろいルールでしょ。
さすがにこれに参加するには体力を養い、体調と整えてゆかないとね。
僕はまだ参加したことが有りません。

さて百万行ですがこんな感じで歩いてゆきます。
街のなかでは歩道、あるいは警察が指定した歩行ゾーンを歩いてゆきます。
もちろん赤信号はストップ、道交法は守ります。
香港では赤信号無視をする人や、道路の無理な横断をする人は、、、たくさんいます。
しかし警察官の前ではやりません。
それは現行犯で捕まると切符を切られ、5000香港ドル(75,000円)という高額罰金を払わないといけないからです。
百万行でも赤信号は赤信号。
ほかにバスや電車のなかで飲食すると2000香港ドル、喫煙は5000香港ドルの罰金とか書かれています。
車内での喫煙はさすがに見ませんが、飲食はけっこう見ます。
チョコやガムとかではなくて、パンやサンドイッチをぱくついているんですね。
中高校生が多いようですが、つかまったらとは考えないのかな。
ま、かれらはしかたがないかな、とは思うんですけどね。
携帯電話の使用はバスも、地下鉄でも禁止になっていません。
みんな平気で話していますし、よほど大声でなければ誰も気にしません。
むしろ電話が通じないほうが問題という意識のようです。
世界一 話し好きの中国人に話すなというほうが無理でしょうね。
香港に旅行に来られたとき、赤信号では車と警官の存在にご注意を。

f0071767_1545341.jpg


そして山の中ではこんな道を歩いてゆきます。
前を歩くのは女子中学生ですが、町を散歩しているような気楽な格好です。
イベントでたくさんの人があるいていなかったら、寂しい道のようにも思いますが実際には多くの人がウォーキング、ジョギングをしていて行き交う人が切れることはありません。
休日にこの道をハイキングに来る人も多いようです。

f0071767_1552428.jpg


昨年、参加したときは「よし、僕も今年は毎週歩こう。」と思ったものでしたが、、、
空しい新年の抱負になってしまいました。

さて今年ですが、やはりウォーキングは継続的にやりたいですね。
今年は空しい抱負に終わらないようにがんばります。

今年もよろしくお願いします。
[PR]

by yutakah9 | 2008-01-07 15:11 | 香港