カテゴリ:香港の外( 14 )


2008年 05月 22日

地震とサイクロン

なんともやりきれない、つまらないタイトルしか書けません。

香港でも連日、四川省大地震と被災者に関する報道が行われています。
大事な家族を失ったあまりにも多くの人たちの様子に呆然とします。
この一週間、香港も中国も支援の活動が広がっています。
香港の日本人社会でも募金活動を行われていて、先週週末はまるで募金活動の一大イベントの日という様子でした。
お金だけですべてが元にはもどりませんが、現在の混乱が収まったあと、復興に向けるためにはやはりお金は有効な力だと思います。
週末の時点で募金の総額はおよそ2000億円相当にのぼるという報道でした。
たった2~3日で集められたこの募金額の巨大さに中国の政治力と経済力を感じました。
募金の仕方、それへの評価、支援物資の配分のされ方など救援支援の進められ方にいろんな批判はありますが、救援を進めようとする意志の存在にまだしも希望が見えます。

一方で大変な自然災害に見舞われて打ちひしがれているのに、まったく救援を受けられず苦しみ続けているミャンマー。
先週、今年2度目のシンガポール訪問の機会がありました。
集まったタイ、マレーシア、インド、インドネシア、オーストラリア、UAE、南アフリカから来た仲間との話題はミャンマーのサイクロン被害のこと。
タイで働く同僚から、各国が支援の準備をすすめてもミャンマーに入れないでいる状況を聞きました。

軍政が自分たちの能力欠如を見せまいと海外から差し伸べられる救援の申し出を拒否していること。
軍政は救援物資を受け取っているものの救援隊を国には入れないこと。
救援物資はおそらく何の役にも立てられていないこと、などなど。
さらに一週間経過してなにも進展していません。
今のミャンマーには国民を助ける有効な政治がありません。

知性や理性の裏づけがない軍政はやはり馬鹿みたいなものだと感じます。
[PR]

by yutakah9 | 2008-05-22 17:02 | 香港の外
2008年 04月 29日

インドネシア バタム島

ずいぶんと長い間、更新できていませんでした。

今年の香港は4月も終わろうかというころなのに、あまり暑くないです。
快適ですけど、少し不安ですね。

この4月にインドネシアのバタム島に3年ぶりに行ってきました。
さすがのバタム島も3年の間にずいぶんと変わっていました。
フェリーターミナルもきれいになって、チケットも電子化されていましたが。
でも海の上は変わらない様子でジワっときました。

海に突き出た桟橋からボートに乗り降りします。

f0071767_13184193.jpg


海の上はシンガポールや香港にくらべると段違いに船は少ないです。
ちょっと雨が降ったりしたので天気が良くないのが残念。

f0071767_131965.jpg


シンガポールは北緯1度といわれますが、実際には1.5度くらいだそうです。
でも緯度で1度といえば140-50kmだからもうすぐ赤道なのは間違いない。
それよりも少し南のバタム島はもっと赤道に近い。

こんな風景を見ながら以前、聞いた話を思い出していました。
中国は広くて大きな国ですが、インドネシアの大きさはこれに劣るものではありません。
国土面積は負けますが大小膨大な数の島からなるこの国にはひろいひろい海が含まれます。
接する隣国はシンガポールを始め、マレーシア、タイ、ベトナム、インド、中国、フィリピン、オーストラリアにいたります。
この広さはヨーロッパ諸国をすべて合わせたよりも広いそうですよ。

中国からチベットとウイグル、内蒙古の3自治区が外れたらどっちが大きいんだろう。
中国の国土は半分くらいになっちゃうよ。
とかなんとか、思いながら香港に戻ろうとシンガポールのチャンギ空港に戻ってくると今年オープンしたばかりの第3ターミナル。
圧倒されました。

f0071767_13192891.jpg
 

さてすこしづつ写真撮ってゆきます。
[PR]

by yutakah9 | 2008-04-29 13:19 | 香港の外
2007年 07月 08日

フィルムの中

驚きました。
まだ、4月の台湾の写真がでてきました。
鼎泰豊がでてきたから載せときましょ。

世界のベスト20レストランに入った、小籠包(しょうろんぽう)の名店、本店です。
昼時はならんで1時間は当たり前のようです。
店先で厨房の作業が見えるけど、すごい湯気。

f0071767_2319446.jpg


店先に並ぶ人の顔も殺気だっています。
お腹すいてるもんなぁ。

f0071767_23225289.jpg


やっとお食事タイム、小籠包、酸辣湯、ほうれん草、このあと卵チャーハン。
この店の支店は台北 太平洋そごう、新宿高島屋、シンガポール・パラゴン、香港 黄哺にあります。
この夏、新宿を制覇してめざせグランドスラム。。。?
いままででどの支店もむちゃくちゃうまいです。

f0071767_23234926.jpg


台北のあちこちから台北101が見えます。
おなかが満ちると多少の雨なら許しますね。

f0071767_23253386.jpg


幸せな4月だったなぁ、よし、嬉しい8月は新宿で。。。 絶対に食べる。

OM-1  REALA 100
[PR]

by yutakah9 | 2007-07-08 23:31 | 香港の外
2007年 05月 02日

台北101と、、、

時はちょっとさかのぼって4月のイースター休暇に台北を歩いてきました。
持って行ったのはOM1、35DC、コンデジ。
35DCは明るさ不足だとシャッターが切れないのでSuperia Venus 800を入れてゆきました。
マニュアルでピントを合わせれば、実にイージーな操作、、、30年前ならイージーでした。

現在、高さ世界一の台北101です。
うまくつながって見えるでしょうか?
f0071767_2219485.jpg

f0071767_22201655.jpg


その足元にこじんまりと自由の女神が、、、何ゆえに?
f0071767_22213794.jpg


台北 新光三越の地下で見つけたおもしろ商品、、、「田舎娘印のぼでーそーぷ」です。
これは売れているんでしょうか?
その横にはarau(洗う?)という商品名のぼでーそーぷが。
f0071767_22241726.jpg


フィルムが戻って来たら、また台北が出るかもしれませんが、、、続く。

Olympus 35DC(40mm G-zuiko固定) + Venus 800
[PR]

by yutakah9 | 2007-05-02 22:26 | 香港の外
2007年 05月 02日

円山大飯店

そう台湾の中正機場から高速道路で台北に向かうと見えるあの建物は、なんなの?
で、寄り道してみました。

随分と有名なホテルでした。
僕は知りませんでした。
f0071767_18123747.jpg


少し寄ってみました。
けっこう細かく木が組まれていました。
f0071767_18133490.jpg


納得して振り返ると台北101が、、、
ここまではコンデジですが、軽いのが便利です。
f0071767_18153748.jpg



そろそろフィルムの写真も上がってきます。
[PR]

by yutakah9 | 2007-05-02 18:15 | 香港の外
2006年 12月 16日

マカオ・ブリッジ

久しぶりにマカオまで足を、よっと。
そうそう香港もけっこう肌寒くなってます。
みなさん、風邪などひかれませんように。

マカオ・ブリッジ、東京ならレインボーブリッジみたいな存在です。
けど、かなり地味かな。
昼の様子です。
f0071767_22412832.jpg


夜のライトアップはけっこうシンプルです。
f0071767_2242321.jpg


OM-1 + 35mm
[PR]

by yutakah9 | 2006-12-16 22:45 | 香港の外
2006年 08月 30日

プロヴィア400Xが出てきました。

OM-1で撮った初めてのプロヴィアですが、全体に少し光量が少なかったようです。
青が勝っている感じですが、どんなものでしょうか。
とてもまぶしい明るい日だったので気持ちが絞ってしまったのかなぁと思考しています。

前回、紹介したワット・プラケオです。
こうしてみるとほんとに大きなお寺です。

f0071767_0492898.jpg


プラケオのなかの仏塔ですが、空の青に緑が入って仏塔を染めたような絵になりました。
どうしてこうなったのか、ゆっくりと原因を考えてみます。

f0071767_0514693.jpg


これはバンコクの街の中です。
暑い暑い日でしたが、みんな働いていました。

f0071767_0521229.jpg


今回、同じ日にネガとリバーサルを比べてみてとても面白い結果となりました。
ネガのISO100のラチチュードがリバーサルのISO400より懐が深い。
僕の未熟さを拾ってくれました。

でもまだまだリバーサル 撮ります。
[PR]

by yutakah9 | 2006-08-30 00:59 | 香港の外
2006年 08月 17日

タイ料理レストラン

タイらしいローカルなレストランでタイ料理を食べたいという声にやってきました。
バンコク市内でも日本人が多く住むスクンビットから程近いレストラン。
エアコンなしのオープン・ダイニングです。

メインダイニングです。

f0071767_2226788.jpg


ガーデン・テーブル 少人数で空の下で食べたい人に。

f0071767_22273222.jpg


おいしそうに焼けています。
ガイ・ヤーン(タイ風焼き鳥)、これがおいしい。
むこうに見えているのは鯉より大きな淡水魚の塩焼き。

f0071767_2228846.jpg


2名様ご案内。
バーン(タイ語では家とか小屋)でお食事。
庭に何棟かの屋根付きのあずまやがあります。

f0071767_22284585.jpg


カップルで食べるとこういう雰囲気になります。
意図はありませんが男性の顔が見えなくなりました。
タイの料理ではグリーンカレー、トムヤンクンが有名どころ、しっかり食べてきました。
もちろんガイヤーンも。

f0071767_22292917.jpg


今、タイの元気が体いっぱいです。
これでREALA ACE 100で撮った写真の紹介は一段落。
けっこうきれいな色が出てくれました。
2週間後にプロビア400Xが上がってきます。
[PR]

by yutakah9 | 2006-08-17 22:31 | 香港の外
2006年 08月 17日

バンコクの風景

王宮前の大通りです。
むこうに見える緑のとんがり屋根小屋は兵隊さんが立ってるボックスです。
マシンガンもってましたけど、タイの天気は快晴。

f0071767_23552629.jpg


客待ちのトゥクトゥク(3輪バイクタクシー)。
名前の由来はエンジン音だそうです。
見た目はかわいいけど、暑いしけっこう危ないです。

f0071767_23571824.jpg


お客がきた。
「**まで行ってくれ、いくらだ?」
「お安くしますよ、**バーツです。」
「あんた、それ高いわよ、ちゃんと値切りなさいよ。」
「くそ、やなババァだ。」
とか、会話してるんでしょうか。

f0071767_23592854.jpg


も少し、タイを紹介したいと思います。
[PR]

by yutakah9 | 2006-08-17 00:02 | 香港の外
2006年 08月 15日

ワット・プラケオ

香港からタイまでは飛行機で約3時間。
オフィスの仲間と週末、ちょっと観光、どっぷりゴルフ旅行してきました。
もちろんOM-1も、持って行きました。
夏の明るいバンコクにはISO100のカラーネガ。
ポジで撮ったフィルムは2週間待ちです。(ラボが夏休みなんだと)

1年半ぶりのタイ バンコク。
ここは王宮に隣接されるタイ最大の寺院 ワット・プラケオ。
身長十数センチのエメラルドの仏様がご本尊様です。

f0071767_21522681.jpg


四方の門を守るのはおよそ身長3メートルの神将。
小さな尊い仏様を大きな仁王様がまもる浅草寺に似て親しみを感じます。

f0071767_2153297.jpg


仏教世界を支える神将をあらわした建立物。
地球を支えるというギリシア神話の巨人アトラスの伝説を思い出しました。

f0071767_21544216.jpg


境内の様子です。
この日8月12日は国母(女王様)のお誕生日ということで王宮の周辺はたいへんな人出。
お寺にもたくさんのタイの人たちがお参りしていました。
お寺は外国人の拝観料 250バーツ(約700円)、タイ国民はもちろん無料。
そりゃそうだろう、タイの考え方は正しい。

タイでは曜日の色があり、黄色は月曜日で国王様の色です。
女王様はスカイブルー(何曜日なんでしょうね)、この日はバンコク中に黄色のポロシャツを着た人、ブルーのポロシャツを着た人がたくさんいました。

f0071767_21553097.jpg


タイのお寺では仏様の像を金箔で飾ります。
仏教でのお祭りの時にはお寺のまわりで生きた魚や鳥を売っていますが、買った人はこれを川や空に逃がしてやることで功徳を積むという習慣があるということです。

f0071767_2156518.jpg


蛇足ですがタイでは国王陛下、女王陛下の誕生日、議会選挙投票日前日などはお酒を売ってはいけないというルールがあり、バーやカラオケはお休み、レストランでもルールを厳しく守るところは夜お酒を出しません。
ホテルなど外国人の使用するホテルのバー、レストランは場所によって大丈夫。
知らずにこの日やってきた僕たちはタイ旅行の初日、お酒を飲まずにゴルフに備えることが出来ました。(笑 合掌)
[PR]

by yutakah9 | 2006-08-15 21:56 | 香港の外