サラリーマン桃太郎の散歩

yutakah9.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 30日

Colour Pro 400H

HOLGAの写真をもう少し。

土曜日の朝、ふと下から聞こえる人の声。
ベッドの横にある窓から下を見ると、、、

ありゃ! いつの間に週末の大極拳練習場がうちの部屋の下になったの?

f0071767_19133049.jpg


小宅は30階建て集合住宅の15階ですので香港ではそれほど高層ビルでも高層階でもないですが、見下ろすとこんな感じです。

f0071767_19141468.jpg


これからもこんな感じで土曜日を迎えるんでしょうかね。。。?
大極拳の練習そのものはいたって静かですが、休んでいるおばあちゃんたちの声がけっこう15階まで聞こえてきます。
休日の朝って音の伝導がすごく効率よさそうです。

そこからちょっと見上げるとこんな風にヴィクトリア湾を南東から北西の方向に眺めることができるんですが、これがけっこう気に入ってる景色です。
曇っていたのでHOLGAの4隅に光が不足してトンネル現象が発生。
これはこれで面白いと思っています。
でもTOY CAMERAのプラレンズにはISO100のブローニーフィルムは厳しいのかな。

HOLGAのシャッタースピードは約100分の1秒、絞りは約F8固定です。
つまり“写るンです”とほぼ同じ設定らしいので写真としては撮れないことはない組み合わせなんですが、最近の“写るンです”はISO400、800が入っていることを考えると、やはりISO400くらいは入れたほうがいいのでしょうね。
でも“写るンです”もプラレンズじゃなかったかなぁ。
35mmのフィルムだと面積が小さいから隅まで光量が足りるということなんでしょうね。

ということで香港では珍しくブローニーフィルムを購入できる中古カメラショップでFUJI Colour Pro 400H 120を購入してきました。
このフィルムは海外生産、海外仕様ということで販売されているものだそうですが、日本でも使っている人がいるようだから、特に海外仕様というものでもないように思うんですけど。

今、HOLGA につめました。
この絵を見られるまでにはしばらくかかりそうです。
400H の特性を早く見たかったのでOM-1 にこのフィルムの35mmを入れて日本出張しました。
今日DPEに投入したので、明日の夕方には結果を見られます。
香港でも1時間ラボだったのに最近、1日かかるようになっています。
なぜなんでしょう?
やはり香港でもフィルムがへっているんだろうなぁ。

ガラスのレンズのついた中版カメラがほしいなあ。

あっ、いかんいかん。
[PR]

by yutakah9 | 2008-10-30 19:14 | 香港


<< なつかしの      HOLGA 120  >>