サラリーマン桃太郎の散歩

yutakah9.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 21日

香港名所 歩道橋

少し前の日曜日に銅鑼湾(Causeway Bay)まで出かけました。
先々週くらいかな、香港でモノクロは現像に10日かかりますからね。

ヘネシーロードという大きな道を少し東にゆくと大きな歩道橋があります。
この歩道橋は十字路の上に輪ッかのように回廊状に掛けられています。
ちょっとわかりにくいですけど、下の写真の左上です。
最近、この歩道橋が気になっていたので写真を撮りました。
むりやり写真を撮っている感じが無きにしも非ずですが。
事実、日本で買ったT-MAX 400を使ってみたかったんです。

日曜日になるとたくさんの人がこの歩道橋を目指してやってきます。
たくさんの人がこの歩道橋の上や周辺で休日を過ごします。
なぜこの歩道橋なんだろうか、とふと思ったんですよ。

f0071767_12421437.jpg


歩道橋の下にはバスやトラムが走っていて、すぐ下にトラムのスタンドがあります。
トラムは全線、どれだけ乗っても一回HK2ドル(約30円)の庶民の足です。
バスストップに、ミニバスの待機所、MTR(香港の地下鉄)の入り口もこの歩道橋の周りにあります。
こうして見ると香港島に住む人たちにとってこの歩道橋はすごく交通の便が良いところにあると言えます。
しかもホテル、デパート、タイムズスクウェア、ヴィクトリア公園に囲まれた場所。
でも、どうして歩道橋、、、?

f0071767_12425448.jpg


階段の下には露天の本屋さんがあって、人通りもけっこう多いですよ。
これは集まった人のそば、歩道橋の橋脚を少し上がったところから撮ってみました。

f0071767_12431564.jpg


この写真を撮った場所はこんなところです。(別の橋脚からですけどね。)
日曜日というとアジアの大都市ではフィリピンやインドネシアからきたアマさん(女中さん)がお休みをもらって街に出てきます。
そして他の家庭にアマさんとしてはたらいている友人、知人と一日を過ごします。
歩道橋の橋脚についた階段の踊り場にピクニックシートを広げて、ご飯を食べたり、お茶を飲んだり、おしゃべりをして過ごします。

大事なことは交通事情などもそうですが、雨でも大丈夫なように屋根(あるいはこれに代わるもの)があるところなんでしょうね、回廊のような歩道橋も屋根付きなので、しばらくするとこの歩道橋はまっすぐ歩けないくらい、インドネシア人のアマさんたちでいっぱいになります。

みんな毎週集まる決まった場所があるのかもしれませんが、これは未確認です。
インドネシアの人たちの多くは争いを好まないので、人の場所をとったりしないかも知れませんが意外に無頓着で早く来た人が好きな場所をとり、後からきてとられていたらがっかりしながらもなにも文句を言わないかも知れません。

そして写真を見てわかったのですが、踊り場の左下にMoney Changerがあります。
ここではIndonesiaへの送金代行をしているようです。
小さく「INDONESIA」と書いてありますね。
インドネシア語は読めません。
理解できるのは数語のみ。(テリマカシ:ありがとう)
アマさんたちはここで故郷の家族に仕送りをしているのかもしれません。

f0071767_12433875.jpg


この歩道橋に隣接するビルが化粧直しで竹足場を組んでいます。
歩道の上に大きな屋根ができました。
これも推測ですが工事が終わるまでの数週間、日曜日にはここがアマさんたちのピクニックシートで埋まるような気がします。

f0071767_1244954.jpg


このように香港島にアマさんとして働くインドネシア女性たちにとってこの歩道橋はかなり重要な場所であることがわかりかけてきました。
アマさんたちは待ち合わせにわかりやすく、自分たちに必要なものが揃っている場所に集まってくるではないでしょうか。
当然、車や人の行き来がすくない安全な場所、ホコリの少ない地面から離れた場所という希望があるのではないでしょうか。
そういう意味ではこの踊り場や歩道橋の通路は格好の場所になるのかも知れません。

シンガポールでも、ここ香港でもこうしてインドネシア人女性やフィリピン女性が日曜日に公園やこの歩道橋のような場所に集まっていても、誰も文句を言いませんし警察も追い立てたりしません。
歩道橋をわたりにくいなぁ、と思っても文句をいうのを見たことはありません。
こういう風景はずっと長い間、続いているんだろうな、と思います。
女性の顔ぶれは10年前、20年前とは違うでしょうけど。

DC35にKodak T-MAX 400を入れて撮り位置次第の構図で撮ってみました。
ざっくりした写真ですけど、改めて写真の記録性に気付くと同時に勝手な推測に自己満足できた歩道橋分析でした。
[PR]

by yutakah9 | 2007-11-21 12:46 | 香港


<< カニ 蟹 CRAB      適当な茶飲み話 >>